東京大学バブルサッカークラブ

投稿:UTBSC(東京大学バブルサッカークラブ)  
大学:その他
通報 ウォッチ

東京大学バブルサッカークラブは、2015年に設立された日本初の学生バブルサッカー専門サークルです!現在は10前後の大学から構成されているインカレサークルで、東大生が約半数を占めます。

普段は東大駒場キャンパスのラグビー場(人工芝完備!)で週一回、金曜日の夜に活動をしています。


これを見てくださっている中には、そもそもバブルサッカーって何?という方もいるでしょうし、スポ○チャでならやったことある!という方もいるかもしれません。また、サッカー経験はないけど大丈夫かな…という方もいると思います。そんな皆様に、この競技の魅力を簡単にですが語っていきたいと思います。


バブルサッカーは写真のような大きなバブル(バンパー)を被ったままフットサルをする、とてもユニークなスポーツです。普通のサッカーと大きく違うのは、ボールを持っている相手にならどのようにタックルしてもOKということでしょうか。柔らかいバンパーに守られているのでタックルで飛ばされても安全ですし、安心してぶつかり合うことができます!また、ボールキープが非常に難しいので、サッカー、フットサル経験者でも、未経験者に比べて大きく有利ということはありません。

このような特徴から、性別やサッカー経験の有無などにかかわらず、誰でも一緒に楽しくプレーできることが、バブルサッカーの大きな魅力です!


さて、活動の内容に移りますと、週1の練習(2時間)は大体ゆる〜くバブルサッカーやフットサルをしています。人数も多すぎず少なすぎずでとても仲が良く、試合中も休憩時間も和気あいあいとした雰囲気です。活動後は毎回希望者でご飯を食べに行くので、先輩達や後輩達とも親睦が深まります!


またイベントも充実していて、体育館レクや海水浴、花火などを楽しむ夏合宿、雪上バブルサッカーやスキーを楽しむ冬合宿をはじめとした楽しい企画が盛りだくさんです。追い出しコンパなどの飲み会もありますが、お酒の強制は一切ないです!


他にも、年に2回ほどの大会に出場して好成績をおさめており(今年の冬の大会は3位。2年前には優勝も経験しています!)、サークルで頂点を目指したい方にもオススメです!


これを読んで、少しでもバブルサッカーや私たちのサークルに興味を持っていただけたら、ぜひ一度体験にお越しください!いつでも体験希望お待ちしてます!

コメント

    まだありません。

    ログインしてコメントを書く

    関連する投稿